このブログについて

League of Legendsというゲームの個人攻略ブログ

※LoL以外の話題の記事もちょっとずつ増やしてく予定

<筆者>
Top,Supportメイン
Jungleはシルバーレベル
S3プラチナ S4ダイア2

<ブログについて>
なるべく主観的な内容を排除して客観的かつ端的に書くことを目指しています
ところどころ味気ない文章になっちゃってます
純粋に攻略情報のみを羅列したサイトにしたいと思って作りました

更新頻度は月1~5程度で何も書くネタがないときは滞りがちになります


S3前期(プラチナ)から書いてあるので古い記事も多くあります
参考にしないほうがいい投稿の墓場はプラチナのときに書いた投稿と、後で見返してやっぱ違ったと思った投稿を捨てたカテゴリです
信じるか、信じないかは、あなた次第



相互リンクを常時募集しています
 ご希望の方はこの投稿のコメント欄にブログURLとブログ名を書いてください

更新サボってすみません
それにもかかわらずコメントくださった方ありがとうございます
日本サーバー来てからぼちぼちプレイ再開してました
実は今年就活なので去年みたいになかなかガチでやれないですが
落ち着いたらまた更新再開しようと思います^^
(あ”あ”あ”働きたくないよぉ~~~~~~~~~~~~~~)

(2016/3/17更新) 

久しぶりにLOLを見た感想 2016年

就活のため来年5月ぐらいまでLOLがさわれない状況ですが・・・
(早くLOLがしたいですw)
久しぶりにLOLを見て浦島状態なので思った感想を書き残したいと思います




1.日本鯖の盛り上りはNA鯖時代と同じ程度

LoL Wikiの一日あたりの閲覧数は約2万でした
自分の記憶によればS3,S4あたりのときもその程度だったと思うので、水準と同程度で推移しているようです
ただ、日本鯖オープンβ前~後1ヶ月は覚えている範囲では約4万までも行っていたので
日本サーバーに寄せられた期待がフルに報われたとはいえないようです
一番ネックになったのはマッチング時間の問題ではないでしょうか
また、広告に関しては運営が少し怠けている気がします
他のウェブサイトを見ていてもLOLの広告が出ているのを見かけたことはありません
オープンβ前はYouTubeでオンラインゲーム系の動画を見ていたら出てましたが、
今はどうでしょう・・・・
そこは本当にもっと頑張ってもいいのではないかと不満に思わざるを得ません

また、オーバーウォッチが出た時はLOLが他のオンラインゲームから人を吸い取ったみたいに
オーバーウォッチにLOLから吸われるかもと思っていましたが
移行した人もいますがそんなに大量移民という風にはなりませんでした

2.プロシーンは半年前よりずっとハイレベルになっている

2016年はじめのあたりまでLCSやWCSを見ていたのですが
したらば実況掲示板ではお笑いと馬鹿にされていたNAのチームも
今の動画を見るとすごくハイレベルな戦いをしているように感じました
今丁度WCSがやっていますが、個人の強さを超えた5人のまとまりとしての動きがすごく洗練されています
1年前まではSKTなどのトップチームでしか見られなかった
集団戦での一糸乱れぬ連携が普通のレベルとして行われていてびっくりしました



中盤~終盤のサイドレーンミニオン処理考察

Push2
Annieのほうにサイドレーンミニオンがたまってきてそれを処理しないといけない
来たミニオンだけ処理するか?それとももう1つ分プッシュするか?



1stタワーが折れた中盤~終盤のサイドレーンはミニオンが行ったり来たりする状態になります
こっち側にミニオンウェーブが来てる時にどこまでプッシュしかえすか
つまりきているウェーブだけクリアするのか次のウェーブまでプッシュしにいくのかという選択は常に発生します
今回はこのサイドレーンのミニオン処理方法について考えてみます

<結論>

おくまでプッシュするほど、
ミニオンロスは小さい 
プッシュのための時間がかかるためグループアップの時間は少ない
早いプッシュレーンを作れる

逆に浅いミニオン処理だと 
ミニオンロス大
グループアップができる
スロープッシュレーンを作れる

つまり以下の場合はレーンの真ん中~真ん中から一個先のウェーブまでクリアーします
自分のスケーリングが大きくCSを逃したくない場合 
敵のエンゲージ力が脅威でなくてグループアップしなくていい場合

以下の場合は自分側にたまって流れてきたミニオンだけ処理します
敵にMalphiteとかがいたり常にグループアップして味方が捕まっている場合

ひとことでいうなら
2ndタワーの場所までミニオンが来るのをまって
敵がハードエンゲージならその場にきたミニオン処理だけ
急いでグループアップしなくていいならその場のミニオン+次のウェーブも処理
となります

<説明>

1.ミニオンロス

レーンに誰もいなくてミニオン同士が戦っている場合そこではミニオンロスが発生します
CSにならずにミニオン同士の戦闘によって死ぬミニオンです
ミニオンロスの大きさはミニオンウェーブの大きさによってかなり大きく変わります
ちょっとでも大きいウェーブは有利に戦闘ができるので少ない方のミニオン軍は大きい方のミニオンを倒せないまま全滅するという現象がおきます(ランチェスターの法則)

つまり
味方のミニオンウェーブの方が大きい→ロス大
味方のミニオンウェーブのほうが小さい→ロス小

ここでサイドレーンでこっち側にミニオンウェーブがある場合を考えます
ミニオンウェーブはこっち側にプッシュしているか(敵のウェーブのほうが大きい)敵側へプッシュしはじめてるか(味方のウェーブのほうが大きい)です

こっち側にプッシュしているときはロスが小さいので2ndタワーの場所まで来るのをまってミニオン処理をすればいいです
敵側にプッシュしてる時はミニオンロスが大きいのでレーンに居とどまってもう1ウェーブ分プッシュしないといけません

つまりミニオンロス的には2ndタワーの場所までウェーブが来たらそこからそのミニオン+次のウェーブまでプッシュするのがベストとなります


さらに1ウェーブプッシュすると敵側のレーンへ入るのでGankのリスクが高まりますがCSロス的には小さくなります

 push - コピー


2.グループアップの時間
これは1ウェーブだけプッシュするのと次のウェーブも処理するのでは次のミニオンが車での時間+ミニオン処理分の時間がかかるのでその間自分が味方のチームと一緒にいれないということになり、キャッチやドラゴン周りのデワードなどを許す可能性が高くなるということになります


3.プッシュレーンの作成速度 ファストプッシュ or スロープッシュ
1ウェーブだけ処理した場合:
味方のミニオンの量がやや大きい状態でこっちがわのレーンに放置されますのでスロープッシュになります
たぶん1分後ぐらいに敵タワーへ着弾します

2ウェーブ処理した場合:
ウェーブがレーンの敵味方の中間地点より先へ押されるので早いプッシュレーンができます

→結果の項では言いませんでしたが、ドラゴン(バロン)前にTop(Bot)で中間地点で隠れてて1ウェーブだけプッシュしてからドラゴンバロンへ寄ると敵タワーへ着弾するプッシュレーンを作れます









ダイアが教える劣勢の時のワードの置き方!

ファーストタワーを失ったミッドゲーム以降での自陣ジャングルのワードの置き方を紹介します
敵タワーをSiegeしたいとかいったことがない時にはとりあえず置いとけばいいという安定のワードです
これらのワードを置くようにするだけで、味方がジャングルで捕まって死にまくってネクサスを失うまでそれが続くという典型的負けパターンを回避できるようになるので勝ち率が目に見えて上がります!!

ポイントは
A.いろんなところへバラバラに置くのではなく一つの地域におく
B.複数のワードで線を作って守りたい地域を囲うようにおく
C.ジャングルへの入り口におく

といった点です

では具体的に紹介します

①Bot側ジャングルの守りを固めるワード
Screen02
Screen03

この2つのワードをおけばBot側ジャングルへの進入路を見張れるのでInvadeをほぼ100%防げます
ポイントは2つともワードを同時におくことです
片方だけだともう片方のルートから敵が入ってくるかもしれないという心理的プレッシャーがうまれ、結局ジャングルは危険なままになってしまいます


Screen04

2つ目のワードはこの位置でもOKです


②Midタワーが折られた時に強いワード
Screen05
なんとこのワードで5つの方向へ走る敵を察知することができます


③下側チームの時でドラゴン戦前に強いピンクワード
Screen06
個人的には必須レベルで強いピンクワードです
これで敵はこちらジャングル内にどれぐらいの敵がいるのかどの場所にいるのかわからなくなり
ポークの的になることもなくなります
ドラゴン戦前でないときでも敵はこの場所にワードを置きたいのでそれにカウンターができるいいピンクワードです
が、潰されやすいのが弱点

上側チームの時はバロン戦前に鏡になってる場所のブッシュにおくと強い


④Top側ジャングルの守りを固めたい時のワード
Screen08
Screen09

この2つのワードでTop側ジャングルへの侵入を8割方防げます
2つ目のワードはバロンも見張れるお気に入りの位置です


 
これらはあくまで一例で、2ndまで折られているときはもっと手前においたほうが安全だったりします
守りたい地域への進入路をできるだけ網羅的に固めるということを意識すればいろいろなおきかたが開発できて楽しいです 

「ワードがないのにプッシュするな」プロはそうしてるか調べてみた(Top)

Dyrus
https://www.youtube.com/watch?v=e3UhHGN8ZV4
Gnar○○ 
https://www.youtube.com/watch?v=n1iMFuf9XDw
Fizz○
https://www.youtube.com/watch?v=EV2mamAurJM  
Ryze○
https://www.youtube.com/watch?v=x6X4gK03I_s
Jax○
https://www.youtube.com/watch?v=EtOkJdUelGo
Darius○
https://www.youtube.com/watch?v=L4-Ps1MLiEc
Rumble○☓☓○
https://www.youtube.com/watch?v=EDFpx7vRL6A
Jayce☓

Marin
https://www.youtube.com/watch?v=brtNP6oEGIE
Shen○
https://www.youtube.com/watch?v=cbZruF7v0j4
Malphite○
https://www.youtube.com/watch?v=qOpM8nIp5Lc
Rumble○○
https://www.youtube.com/watch?v=vemS_O9TZQk
Rumble○

○=ワードありプッシュ ☓=ワードなしプッシュ

調べ方:ファーストタワーが折れるまでのレーン戦で、レーンをプッシュしてるところを見て味方ジャングラーが近くにいる場合と敵ジャングラーが他レーンに現れたのを知っている場合、敵がリコールした後のプッシュをのぞいてワードをおきながらプッシュしてるかどうかを調べた 
レーンの半分以上押してとどまってるのをプッシュされてる状態とした


結果:
疲れてしまって二人しか調べてないけどどちらの場合も
ワード(トリンケット)をさしてからプッシュを続けていた。
ワードが切れてる間はプッシュを控えていた。
有利をとって相手にガンガンハラスができてヘルス差をつけられるときはタワーに押し付けたりしていた(Dyrus Rumbleの例)


その他:
Marin
レーンをプッシュした後は高確率でMidへRoamして圧力をかけてた ShenでもRumbleでもMalphiteでもそうやってた
レーンをプッシュして特にすることなかったらMid方面へとりあえずくだる感じ
ワードがなくてミニオンを押し込んでリセットしたいときはRumbleUltでミニオン消したりしてた


結論:
「レーンを押すときはワードをさせ」はチャレンジャーでも徹底されてた

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

記事検索
  • ライブドアブログ