2015年04月

ベースからTopレーンまで復帰するのにかかる時間測ってみた

使用したキャラはSinged(MS345)
LOLのキャラは325~355のMSを持つので元々やや足の早いキャラだ

靴なし(345) 32秒 
1靴(370)    30秒
 2靴(390) 29秒
3靴(405) 27秒
5靴(443)   25秒


4.5%MSルーン
靴なし(361) 31秒

レーン復帰の速さのためにMSルーンを付けるのは意味がなさそうだ


Anivia(325)の場合35秒
Masteryi(355)の場合 30秒




a

かかった距離の逆数を取ったグラフがこれだ
ほぼ比例とみなしていいと思う

1靴で345→370になっても移動速度は7.2%しか増えないことになる
2靴では13.0%増える
5靴では28%のMS増加だ
またMSルーンのゴールド換算は16/25MS*350=224G 20APの本で計算するとAPルーンは322G相当なのでコスパはかなり悪い
MSが早い方は相手を攻撃しながら追跡することができるので7.2%のMSでも大きな意味を持つだろう
350Gで7.2%移動速度をあげられるということはなかなかリーズナブルに思える・・・
でもレーン復帰の時間という意味では2靴でさえ3秒程度しか変わらない
Roam主体で動くときに5靴を買うのはとてもコスパがいい450Gで20%のMS上昇の価値がある




まとめ:

・MSと実際の移動速度はおそらく比例関係
・とすると1靴で345→370になっても移動速度は7.2%しか増えないことになる
2靴では13.0%増える
5靴では28%のMS増加
・MSルーンのコスパは悪い
・Roam主体のキャラの場合は5靴必須レベル
・レーン復帰の速さのためにMSに投資するのは意味がない
 追撃、逃走対策に投資するのには意味あり

 

Fearの最中にLaugh連射すると歩行が止まるらしい

ってマジかよ!w
ソース

9:05
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

記事検索
  • ライブドアブログ