レーン戦で考える大切なことは
①トレード力(ダメージ交換)
②サステイン(回復力)
③キルポテンシャル

の3つのバランスです



チャンピオンには
A トレードで勝てるけど、サステインで負けるキャラ
B トレードで負けるけど、サステインで勝つキャラ

があります (トレードでもサステインでも勝つキャラは戦う前から勝ってるので考えないこととしますw 例:Yorick、Kayleはほとんどの相手にトレードでもサステインでも勝つ)



Aの方がレーンで勝つには③を獲得する必要があります
逆にBの方が勝つには③を相手に与えずにレーン戦を進行させていけばいい

トレードに勝てるレベルになったらどんどんトレードを仕掛けることが大切です
といっても、そのトレードに勝てるかの見極めが一番むずかしいところなのですが・・

Aの方はキルポテンシャルを保てないような状況ではトレードをなるべくするべきではありません

例えばレーンがある程度プッシュされてしまっていて、相手をミニオンからゾーニングできないときは、相手はトレードをしたあとでミニオンからライフスティールなりで回復を簡単にできてしまい、結果的にトレードで負けることとなります

例えばXinZhao vs Poppyのレーンで、一回のトレードでXin側が負けてXinとPoppyが200と100ヘルスを失ったとする

ここでPoppyがこの有利を利用してキルポテンシャルを獲得して相手をミニオンから遠ざけないかぎり、XinはWのpassiveでだいたい2分ぐらいあればヘルス全快してしまい、結局 最終的にはXinのトレード勝ちになります

相手が完全にサステインで勝っていて、こちらが相手をトレード後にゾーニングできないのなら、一時的なトレードで勝てるときでもトレードは仕掛けられません



サステインの強いキャラに勝つには、”相手をキルできるか”が重要です

こちらが相手をキルできるようなキャラでないのならサステインの高いキャラとトレードしつづけた場合、確実に負けます

サステインの強いキャラは細かいトレードをたくさんするほど有利になり、サステインが弱いが、トレードの強い、キルの狙えるような、攻撃力で優位に立つキャラなら大きなトレードを短時間に集中して行なってキルまで追い詰めることが有利にさせます

たとえばVladimir vs Dariusで、DariusはlV6になるまでVladとあまりトレード力の差がありません
なのでキルまでいくのは難しいでしょう 
細かいトレードをすればするほど不利になります
ですがLv6になったら一気にトレード力に差がつき、キルまでいくことができます
Dariusはいかに大きな勝負に出るチャンスをつかめるかが勝負を左右するでしょう
Lv6以降もDariusが勝負に出ず、お互いのQを交換しつづければ、どんどん不利になっていきます


まとめ:

・自分のキャラのトレードの強いときにしかける それぞれのキャラの強い時間を知っておくとベスト
・サステインで大きくまさるキャラに"勝つ"には、キルしかない